令和2年1月17日~2月14日にわたり、外壁の板金工事が行われました。

仕上げ:カラーガルバリュウム縦ハゼ張

最近では製品のサイディング張りが主流の外壁ですが、OY-Houseでは材料をこの建物に合うよう職人さんが加工して張り上げていくオーダーメードの外壁となっています。

イメージは、この家を守る鎧のように包み込まれたデザインとなっております。製品にはないシャープな納まりは、この建物を施工していただいた職人さんの高い技術と熱意により生み出された外壁となりました。最近の家づくりは、様々な製品のパッチワークにしか見えませんが、職人さんと直接し、お互い考え話合い、材料から造り上げていくさまは、これぞ「ものづくりの原点」ということを痛感しました。