今年はじめての現場打ち合わせでした。

躯体施工図をもとにコンクリート形状をつくる枠を建て込んでいます。
ところで、この写真から分かるように物凄い鋼管の数で固められています。
なぜそこまでするのか?

それはコンクリートを型枠内に流すときに、物凄い外向きの力がかかるからです。
この固め方が甘いと型枠が膨れたり、型枠がバラけてコンクリートが流れ出る恐れがあります。
それくらい大きな力がかかるのです。
コンクリート工事はやり直しが効かない一発勝負ですので
念には念を入れ建て込んでいきます。
鉄筋コンクリート造の建物形状は、
型枠大工さんの技量で大きく左右します。
全ては、コンクリート打が終わり型枠を外したときが勝負!!

次回コンクリート打設工事は、26日です。