5月上旬、コンクリート部の断熱吹付け工事を行いました。

工事をはじめるにあたり、各吹付け部の厚み等を確認したうえで施工開始しました。

断熱施工は無事1日で終了しました。

【1point】
コンクリートは、暖まりにくく冷めにくいという性質を持っています。
そのため夏は、日中暖められた壁の熱が夜になっても冷めにくく、冷房をつけてもなかなか部屋が涼しくなりません。
冬は壁が冷たくなってしまい、暖房をつけても部屋を暖めるまで時間がかかってしまいます。
そして、コンクリートの外の表面温度と部屋の温度や湿度の差が原因で結露も発生しやすくなるため、断熱をすることにより部屋の中の暑さ・寒さ・結露を防ぎます。