GWも明け
いよいよ夏に向け暑さが増しております。

その前に梅雨!

工事現場では、この季節が厄介ですね。

工程にも影響しますし、
内部で作業する職人さんにとっても
つらい作業になりますよね。

何と言ったって雨養生のためのシートに覆われた
蒸し暑い建物の中で作業をするのですから・・・。

ということでHK-Houseの4月進捗状況です。

四月の初めは
屋根の剛床検査でした。

地震や強風などの横からの力に対して
対抗できる家にするための
重要な構造の検査です。

今回の家は、屋根断熱です。

屋根全面に敷き詰めていきます。
ここでは、
指定の断熱材か?
屋根通気は確保されているか?
隙間なく施工されているか?
などなど確認していきます。

 

四月の終わりごろでは、
筋交いなどの工事進行しており
今月には、金物検査となっていきます。

ちなみに、天井はこのまま構造材現しでの仕上げです。

以上HK-Houseの工事状況でした。